Google search console

Google search consoleは、Googleのアカウントが必要ですが、これでサイ トを登録しておくとGoogleがそのサイト
をどのように見ているかとい ったいろいろな情報が分かるようになります。
1つの Google アカウントで複数のサイトを管理可能なので、個人のアカウントではなく企業での代表アカウントを取得して、登録することをおすすめします。登録するには、 Googleアカウン卜を取得 し、 Googleウェブマスター ツールへログインしま す。そして、「サイトを追加」をク リックします。

登録しようとしたサイ トの管理者である ことを確認するには、meta要素をHTML ファイルに追記するか、 指定の HTMLファイルをダウン ロードし、サイトのトップディレクトリーへ配備する方法があります。いずれの方法もサイトオーナーであれば簡単な作業です。Googleによる確認作業が終わると、そのサイトが正式にアカウン卜に関連付けられます。

 

日本語ドメイン

ひらがなやカタカナ、漢字などを利用して表記される日本語ドメインは、SEO対策効果が高いとされ、一時期頻繁に利用されました。そして現在でも、日本語ドメ インの利用は URL に対策キーワードを入れる究極の形として、運用開始直後のWeb サイトなどで効果を発揮します。 例えは. ファンメイカー jpという日本語ドメインを利用し、サービス名もファ ンメイカー jpとすれば、利用者はサービス名で検索したつもりでもドメインを 入力していることになるので、SEO対策が効いていない運用開始直後でも検索結果の1番に表示されるようになります。そしてこの効果は、アドレスパーに直接検索ワードを入力するスマー卜フォンなどでは、より顕著に現れます。 このように、ローマ字の羅列より日本語表記のほうが、ドメインを覚えてもらいやす い効果もあり 、使いようによっては有効な手段となる日本語ドメインですが、そのままではメールアドレスとして利用できません。そのため、 Webサイトのドメインをメールでも使う場合は、使用するかどうかを冷静に判断する必要があります。

クローラビリティー

SEO対策を行う上で大切なポイン トとして 、以下の 3つがあります。
クローラビリテ ィー
• クローラビリティーとは、 クロ ーラーのサイト回遊のしやすさのことです。ク
ローラーがサイトのコンテン ツを取得して初めてインデックスされ、 検索結果
に表示されることから、このクローラビリティーが損なわれて検索エンジンに
インデックスされないと、検索結果には絶対に表示されません。 キーワード、キーフレーズ• クローラビリテ ィーを改善して検索エンジンにインデックスされても、ユーザーが検索しているキーワードでなければ検索されないため、結果として集客する ことができません。つまり、ユーザーが検索するキーワードでサイトを設計することが重要、ということです。 アンサ一度• クローラピリティーを改善して、ユーザーが検索するキーワードでサイトを設
計し直しても、ページがそのキーワードの裏側に潜むニー ズを満たしたコンテンツでな ければ、検索結果の上位には表示さ れません。

トップページの役割

Web サイトのトップページとは、ほかの Web サイトから紹介される際、 リンクされることがもっとも多い WEBぺージであり、ひいては Web サ イトのエン トランスにあたる。 トップページには非常に多くの役割があるが、 エントランスに訪れユーザーを目的のWebぺージに適切に誘導することである。

ユーザーを目的のWebページに案内する際には、ユーザーが迷わず、ストレスなしにそのページまで到達でき
ることが理想的である。そのため、ユー ザーのニーズをしっ かりと把握し、 ニーズの高いページに移動しやすいように、わかりやすい リンクを配置することが必要になる。また、 トップペ ー ジはWEBサイト の目次的な役割をも担っている 。ユー ザ に対して優先度の高い情報を伝える場としても、 トップページは重要な意味を
持っている 。もちろん、 トップペ ージ に掲載する情報の内容は、 Web サイトの目的によ って異なる。たとえば ショッピンクサイトなら、新商品やキャンベ ーン の情報を掲載するだろう し、コーポレートサイトなら 、サー
ビス内容や会社の歴史・実績といった情報を掲載するだろう 。

SEO対策は相対評価でしかない

当たり前ですが、 SEO 対策は絶対評価ではありません。あくまで も A 、B、Cという複数のサイトのどれを上位に表示するのかという、他サイトとの「比較」で決まる相対評価です。ライバルの多いキーワードで上位表示を狙った場合は、母集団が多いほど上に表示される確率はぐんと下がります。逆に、ライバルがまったくいないキーワードでの上位表示を狙った場合、形式的なSEO対策が良かろうが悪かろうが、 1位に表示されるでしょう。もちろん、ライバルがいないというのは極論ですが、それでもライバルが少ないに越したことはありません。 SEO対策はキーワード選びでほぼ、決まる」と言われるのはこのためです。人気の高いビッグキーワードは、もはや「レッドオーシャン」です。法人、個人問わず、ものすごい勢いでキーワードを争っています。 そんな「レッドオーシャン」に、「さぁ SEO対策したし、上位表示がんばるぞ」と意気揚々と乗り込んだところで、まず勝ち目はないのが現実です。それよりは、いわゆる「ロングテール」的に、ライバルの少ない「ブルーオーシャン」をたくさん開拓したほうが、レッドオーシャンでSEO勝負を挑むよりも実は SEO的に賢いと言えます。

パンくずナビ

パンくずナビという言葉は、あまり聞きなれないものですが、実はよく目にしているはずです。これはたとえば  HOME >力テゴリ一 >詳細ページというように、 トップページを起点にして、今どの 階層のページを見ているのかを表示したナビゲーションのことです。HOME にはトップページへの、「力テゴリーにはカテゴリ一ページへのリンクがあるので、簡単にページを行き来できて便利です。 これが実はSEO対策にも非常に重要なのです。まずこのパンくずナビがあることで、 ロボッ卜がページからページへと巡回しやすくなります。そ して力テゴリ一ページには、各詳細ページならリンクを張られることに よって、インリンクを増やす効果もあります。さらにト ップページはよ
り多くのインリンクが張られることになります。インリンクの多さがそのページの価値を高めるので、積極的にパンくずナビを設置しましょう 。
キーワードを盛り込んでページ上部に配置するパンくずナビを作成するときは、 SEO対策のポイン卜をしっかり押さえま しょう 。「キーワード +HOME >カテゴリー名 >ページ名」を基本 とし、階層が深くなるたびに区切ってページの名前とリンクを加えます。そしていちばん階層の深い「ページ名」にはリンクを張る必要はないので、 ロボットにアピー ルするためにstrong タグを使って強調します。設置場所はロボットが巡回しやすく訪問者の目にも付きやすい、ページの上部がいいでしょう 。

おすすめサイト:SEO対策の東京SEOメーカー