日本語ドメイン

ひらがなやカタカナ、漢字などを利用して表記される日本語ドメインは、SEO対策効果が高いとされ、一時期頻繁に利用されました。そして現在でも、日本語ドメ インの利用は URL に対策キーワードを入れる究極の形として、運用開始直後のWeb サイトなどで効果を発揮します。 例えは. ファンメイカー jpという日本語ドメインを利用し、サービス名もファ ンメイカー jpとすれば、利用者はサービス名で検索したつもりでもドメインを 入力していることになるので、SEO対策が効いていない運用開始直後でも検索結果の1番に表示されるようになります。そしてこの効果は、アドレスパーに直接検索ワードを入力するスマー卜フォンなどでは、より顕著に現れます。 このように、ローマ字の羅列より日本語表記のほうが、ドメインを覚えてもらいやす い効果もあり 、使いようによっては有効な手段となる日本語ドメインですが、そのままではメールアドレスとして利用できません。そのため、 Webサイトのドメインをメールでも使う場合は、使用するかどうかを冷静に判断する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です